iPadを傾けないようにロックする方法

Apple iPadの内部センサーは、タブレットを物理的に傾けたときにそれを認識し、画面の向きを自動的に変更して補正します。単に位置を変えたり、iPadを平らな面に置いたりしている場合、センサーが動きを誤って解釈し、向きを不適切に変更する可能性があります。この影響を防ぐために、Appleは2つのロック機構を統合して、iPadを傾けたときに画面が回転しないようにしました。[設定]で[ロックの回転]オプションを選択すると、サイドスイッチを押してロックを切り替えることができます。ただし、このスイッチをiPadをミュートするように構成している場合は、コントロールセンターから画面をロックすることもできます。

ロック回転オプションの構成

1

iPadのホーム画面で「設定」アイコンをタップします。

2

「一般」をタップし、「サイドスイッチを使用」セクションで「回転をロック」を選択します。

3

お好みの画面の向きに変わるまでiPadを傾けます。

4

サイドスイッチを押して向きをロックします。

コントロールセンターの使用

1

iPadを好みの向きに変わるまで傾けます。

2

画面の下から指を上にドラッグして、コントロールセンターを表示します。

3

「画面回転ロック」アイコンをタップして画面をロックします。このアイコンは、中央に南京錠が付いた円形の矢印のように見えます。ロックを無効にするには、このアイコンをもう一度タップします。