OSHA安全トレーニングのアイデア

米国労働省の支部である労働安全衛生局は、職場の安全衛生基準を確立し、施行しています。安全トレーニングは、既知のすべての労働災害および業界で利用できますが、ほとんどの企業に適用されるトレーニングのアイデアがいくつかあります。OSHA安全トレーニングは、法律を順守するための重要な要素であり、安全衛生の問題とベストプラクティスを従業員に通知するのに役立ちます。OSHAトレーニングプログラムは、民間のトレーニング組織または企業の社内プログラムを通じて管理される場合があります。

一般的な安全性

一般的な安全上の問題は、種類や規模に関係なく、すべてのビジネスに存在します。ビジネスウォークアラウンドを行いながらメモを取り、潜在的な安全問題について従業員に話すことは、OSHA準拠の一般的な安全トレーニングプログラムを選択または開発する際に使用する危険を特定するのに役立ちます。すべての事業に共通する危険には、火災の安全と防止、緊急時の応急処置、緊急避難、人間工学、電気的危険、滑り落ち防止などがあります。

マテリアルハンドリング

多くの企業は、マテリアルハンドリングの潜在的な危険に対処しています。オフィスや小規模小売店でも、紙やファイルの箱、商品、棚、ディスプレイなどのアイテムは定期的に移動されます。製造業、大規模小売業、および産業プラントでは、マテリアルハンドリング機器の安全な操作と適切な輸送および保管方法はすべてOSHA関連のトレーニングの対象です。一般的なマテリアルハンドリングのトレーニングには、適切なリフト技術、フォークリフトとパレットリフトの操作、有害物質の保管と取り扱い、個人用保護服とギア、およびクラッシュハザード保護が含まれます。

機械操作

小さなプリントショップやデリカテッセンから自動化されたメーカーや産業ファウンドリまで、機械の安全な操作はOSHAのもう1つの大きな関心事です。 OSHAは、業界固有の機械の安全性に関する安全ガイドラインを提供しており、トレーニングは、関連する機械と同じくらい多様で多数あります。一般に、ほとんどすべてのタイプの機械は、ロックアウト/タグアウト手順、機械ガード、緊急停止手順、複雑または危険な機械を操作するためのトレーニング、一般的な機械の安全性(クラッシュ、ピンチ、熱、化学物質、ハザードをカット)。

会社の安全責任者、独立したトレーニング会社、または地域のOSHA担当者が、ビジネスのコンプライアンスを支援し、従業員の健康と安全を保護する特定のトレーニングプログラムの設計と実装を支援します。