Windowsエクスプローラーで画像プレビューの境界線のサイズを小さくする方法

Windows7のWindowsエクスプローラーファイル管理アプリケーションには、ハードドライブ上のコンテンツイメージファイルやその他のファイルを表示するために使用できるプレビューペインが含まれています。既定では、Windowsエクスプローラーが最大化されると、プレビューペインが作業領域の大部分を占め、ファイルやフォルダーを表示する余地がほとんどなくなります。ボーダーサイズを調整できます。ただし、プログラムは設定を保存しないため、アプリケーションを起動するたびに境界線のサイズを変更する必要があります。恒久的な修正はありませんが、問題を回避することができます。

1

Windowsエクスプローラーを起動します。プログラムが最大化されて画面全体に表示される場合は、右上隅の「X」の横にある「復元」ボタンをクリックして、ウィンドウのサイズを縮小します。

2

マウスポインタを使用してプログラムウィンドウの端をドラッグし、画面全体に表示します。

3

まだ表示されていない場合は、ツールバーの四角いアイコンをクリックして、プレビューペインをアクティブにします。

4

プレビューペインの左側の境界線をクリックし、プレビューペインが目的のサイズになるまで右にドラッグします。プレビューペインのサイズを手動で再度変更しない限り、ファイルエクスプローラーは、今後アプリケーションを最大化するたびにこれらのプレビューペインの設定を保持します。変更した場合は、以前の動作に戻ります。