新規採用ポリシーのチェックリスト

新しい仕事を始めることの興奮は、新しい従業員にとって、そして特にその労働力に不慣れな人にとっては圧倒される可能性があります。新入社員のチェックリストを作成すると、新入社員のプロセスを標準化して、各従業員が同じ開始点から開始できるようにするのに役立ちます。人事部門のすべてのメンバーは、新入社員の処理において重要な役割を果たします。

準備手順とドキュメント

新入社員には、初日の重要な作業文書を提供してください。これらの文書には、就労資格の証明、機密保持契約、および会社の従業員になるために従業員が同意しなければならないその他の開示および契約を含める必要があります。従業員は、連邦税の源泉徴収フォームにも記入する必要があります。テキサスには州の所得税がなく、ヒューストンにも市の所得税はありません。

メリットの説明

新入社員に会社の福利厚生パッケージを説明します。通常、福利厚生担当者は、ヘルスケア、歯科、視力、長期保険などの福利厚生について説明するために、新入社員とかなりの時間を費やします。さらに、福利厚生担当者は、401k、年金、利益分配プログラムなどの所得保護プランなど、他の福利厚生について精通している必要があります。新入社員がヘルスケアプランを選択し、事務処理を完了するのを支援します。

新入社員オリエンテーション

新入社員オリエンテーションの従業員のスケジュールを確認します。一度に複数の新入社員を雇用する企業は、通常、オリエンテーションクラスを開催しています。これの利点は、さまざまな部門の新入社員が互いに会う機会があることです。新入社員は、同じ採用日を共有している場合でも、お互いに絆を結ぶことができます。

オリエンテーション、勤務時間、制服、その他の労働条件について従業員からの質問に答えてください。包括的なオリエンテーションプログラムは、これらすべての問題に対処します。ただし、一部の従業員は、グループ設定で特定の質問をすることを躊躇する場合があります。

はじめに

彼女が指導的立場にある場合は、新入社員を同僚に紹介します。参加するマネージャーは、同様の責任と資格を持っているカウンターパートに会う機会を歓迎します。マネージャーを互いに紹介するための「ラウンドロビン」アプローチは、これらの会議を促進するための理想的な方法です。

管理職以外の従業員の場合、新入社員のマネージャーが彼女を部門の従業員に紹介します。小規模の雇用主は、誰もが新入社員を歓迎する機会を得られるように、ウェルカムランチを用意することがあります。

ファローアップ

数週間後に新入社員を訪問して、進捗状況を確認し、チームの新メンバーとしての問題に対処し、就職時に懸念があった場合はフォローアップします。