保守計画の目的

保守計画とは、建物や設備の定期的な修理を指します。これは大規模な製造業者や企業にとって重要な慣行ですが、定期的なメンテナンスは中小企業にとっても同様に重要です。定期的なメンテナンスが必要なアイテムには、コンピューターのハードウェアとソフトウェア、社用車、および定期的に使用される機械的なツールと機器が含まれます。

予定外のメンテナンスの回避

予定外のメンテナンスは、企業の生産性とコストの両方を犠牲にする可能性があります。機器がダウンしているとき、労働者は働いておらず、製品は生産されていません。計画的なメンテナンスの目的は、生産性の損失を最小限に抑えることです。このため、中小企業の所有者は、機器や建物の状態に注意を払う必要があります。また、機器を修理する必要があるのか​​、それとも交換が必要なほど古いのかを判断する必要があります。事業主と保守計画担当者は、可能な限り、通常の業務以外の時間に保守と修理をスケジュールして、作業スケジュールの中断をできるだけ少なくする必要があります。これは、機器が故障する前に監視および保守されている場合にのみ実行できます。これは、計画的な保守の目的です。