携帯電話の請求書でローミング料金を争う

国外で電話をかけた場合でも、故郷のカバレッジエリアのすぐ外で電話をかけた場合でも、ローミング料金をすばやく上げることができます。ローミングは、サービスプロバイダーが別の会社に属するタワーを使用して通話を接続する必要がある場合に発生します。これにはサービスプロバイダーに追加料金がかかり、それがあなたに渡されます。不当にローミングしたことで請求されたと思われる場合は、請求に異議を申し立てることができます。

ローミングを理解する

ローミング料金に異議を唱える前に、まずそれらがどのように機能するかを理解する必要があります。ローミングに関する各サービスプロバイダーのポリシーは異なります。契約書を読むか、オンラインでポリシーを確認して、サービスプロバイダーの特定のポリシーを調べてください。無制限の分ポリシーがある場合でも、ほとんどのワイヤレス会社はローミングに対して分単位で課金します。プロバイダーのローミングレートを把握して、自分で料金を計算できるようにします。

準備して

請求書に目を通し、最終的な合計がどうあるべきかを判断します。担当者と話すときは、請求書と支払いたい最終合計額を目の前に置いてください。「請求額が高すぎます。下げてください」と電話して言うのは仕方がありません。あなたは具体的でなければなりません。あなたの計算を示すことができるか、プロバイダーのローミングポリシーがあなたの状況に適用されないことを証明することによってあなたの議論を裏付ける準備をしてください。

礼儀正しくする

「酢よりも蜂蜜の方がハエを捕まえることができる」ということわざがあります。ローミング料金に異議を唱えるときは、このことに注意してください。動揺したりイライラしたりするのは簡単ですが、カスタマーサービス担当者に意地悪をしているからといって、礼儀正しいとは言えません。実際、あなたが礼儀正しく、あなたがあなたの議論を明白に説明しているなら、あなたが間違っていると証明されたとしても、あなたのプロバイダーはあなたの料金を減らすかもしれません。あなたが請求書を支払うのに苦労していること、そしてあなたがあなたの経済的困難を和らげるために何かを解決したいと思っていることを説明してください。

苦情を申し立てる

ローミングに対して不適切に請求されていることがわかっていて、ネットワークプロバイダーに請求を削除させることができなかった場合は、苦情を申し立てる権利があります。まず、Better Business Bureauに苦情を申し立てることができます。また、必要に応じて、連邦通信委員会に苦情を申し立てることもできます。 BBBとFCCに苦情を申し立てたことを説明するメールをサービスプロバイダーに送信します。苦情を申し立てた理由を説明し、苦情を取り下げることができる条件を提示します。たとえば、ローミング料金がアカウントに入金されている場合などです。