マネージャーを懲戒する方法

ビジネスの所有者として、あなたはビジネスが適切に実行されることを保証するタスクがあります。そのタスクの一部には、職場の秩序を維持することが含まれます。従業員が会社の方針に従うことを拒否した場合、彼らを懲戒するのはマネージャーの仕事です。経営者が会社の方針に従わない場合、懲戒処分を通じて経営者の行動を正す負担はあなたの肩にかかります。マネージャーは善悪を明確に理解している必要がありますが、それは、行動が明らかに会社の方針に違反しているマネージャーを直ちに解任する必要があるという意味ではありません。

1

マネージャーの不正行為の証拠を収集します。その証拠は、従業員の証言、ビデオ証拠、または物理的証拠の形で提供されます。具体的な証拠がないままマネージャーにアプローチした場合、懲戒処分を主張することは困難です。

2

マネージャーをあなたのオフィスに招待します。容認できない行動について話し合うために彼と会っていることを説明することから、会話を始めます。それぞれの証拠に目を通し、彼がどのようにして会社の方針を順守できなかったかを説明します。たとえば、3人の従業員が顧客の前で彼らを怒らせたと主張する場合、従業員に怒鳴ったり殴ったりすることには許容度ゼロのポリシーがあることを説明します。

3

契約書に署名したとき、会社の規則と方針に従うことに同意したことをマネージャーに伝えます。マネージャーとスーパーバイザーが従業員よりも高いレベルのプロ意識を保持することを期待していることを説明します。

4

マネージャーの行動の結果としてとる懲戒処分の概要を説明します。最初の違反については、違反に応じて、書面による警告から無給の休暇まで何でも許容されます。犯罪が深刻で、おそらく犯罪である場合、終了はオプションです。たとえば、彼の行動の結果として彼の従業員を3日間休ませているマネージャーを与えることができます。マネージャーが従業員にセクハラをした場合、解雇は完全に許容されます。

5

自分の行動が間違っていたことを理解しているかどうか、またそれらを修正するための支援が必要かどうかをマネージャーに尋ねます。必要に応じて、彼の行動を改善するのを喜んで手伝ってくれることを彼に伝えてください。

6

あなたがまだ彼を信じていることをマネージャーに安心させてください。そうすることで、彼は間違いを犯したものの、将来より良い決断を下すことができると確信していることがわかります。