中小企業の予算編成に成功する方法

予算編成は、計画または予測とも呼ばれ、ビジネスの将来の財務実績を予測するプロセスです。これには、収益の予測と、これらの収益を生み出すために必要な費用の見積もりが含まれます。中小企業の所有者は、予算編成は複雑なプロセスであると考えることがあります。実は、家計を立てるのと大差ありません。成功する予算とは、将来の財務結果を正確に予測し、事業主が設定した目標を達成するために会社のリソースをどのように使用するかについて賢明な決定を下すのに役立つ予算です。

1

その期間における会社の財務目標をどの程度予測して設定するかを決定します。予算は通常来年に行われますが、一部の中小企業は、事業の拡大と収益の拡大という長期的な目標を設定するという所有者の意図を反映して、3年もの予算を立てています。

2

目標を達成するための戦略、実行する必要のある特定のアクションを考案します。小規模小売企業の戦略は、予算の2年目の終わりまでに2番目の店舗を開くことです。各戦略を実装するために実行する必要のあるアクションステップまたはタスクを計画します。すべてのタスクを完了するために必要なスタッフレベルを決定できるように、できるだけ詳しく説明してください。

3

各アクションステップを実行するために必要なコストとリソースを計算します。これはあなたの経費予算です。プロセスのこのフェーズを急がないでください。費用を正確に見積もることができると確信できるまで、費用を注意深く調べてください。

4

ビジネスの種類に固有の変数を使用して収益モデルを構築します。たとえば、小さなホテルは、稼働率、宿泊施設に滞在する平均ゲスト数、ホテルが各ゲストに請求する平均料金に基づいてモデルを作成します。収益と費用の予測を組み合わせて、ビジネスの税引前利益の予測を計算します。

5

実際の結果が毎月利用可能になったら、それらを予算の数値と並べて比較し、各ラインアイテムの差異を計算します。ドルとパーセンテージの両方の観点から最も重要な差異を調べ、それらが発生した理由を評価します。コストを過小評価している場合は、今後の予算を再計算して、事業運営をより正確に表現できるようにします。収益が不足している場合は、マーケティング戦略を変更して売上を伸ばすか、支出を削減して収益とコストを一致させることを検討してください。