会計における線形性の仮定とは何ですか?

原価計算では、会計士は特定の期間の原価に関する情報を使用して、将来の経費を予測することがよくあります。散布図、期待値方程式、線形回帰など、会計士が見積もりに使用できる方法はいくつかあります。会計士は、予測しているコストに線形性の仮定を適用できる場合にのみ、線形回帰を使用できます。

線形性の仮定について

会計士が線形性の仮定をコスト変数の関係に適用する場合、彼は2つの値の間の関係が線形であることを示しています。線形関係では、一方の値の特定の量の変化により、もう一方の値の特定の量の変化が発生します。たとえば、材料のコストと材料から作られた製品の価格との関係は、材料の価格の変化が製品の価格の対応する変化を引き起こすため、通常は線形です。

応用

コストと特定の変数の関係が線形である場合、会計士は、関連する変数の値に基づいて将来のコストを計算するための方程式を作成します。たとえば、人件費と材料費が総生産コストに影響を与える場合、会計士は人件費と材料費の特定の値に基づいて生産コストを計算する式を作成します。次に、この方程式を使用して、さまざまなシナリオで将来の生産コストを予測できます。

最小二乗回帰

完全に線形であるコスト変動関係はほとんどありません。ただし、コストとそれに影響を与える変数との関係がほぼ線形である場合、会計士は線形性の仮定を適用できます。関係が完全に線形ではない場合に線形方程式を決定するには、会計士は最小二乗回帰直線を計算する必要があります。これは、変数間の関係を最もよく近似する直線です。

考慮事項

ほとんどのコスト変数の関係は完全に線形ではないため、線形関数を使用してコストを見積もると、誤った値が生成される場合があります。企業は財務上の意思決定を行う際にこれらの見積もりに依存する可能性があるため、見積もりが不正確な場合、企業の利益が減少することがあります。問題を防ぐために、事業主はいくつかの概算方法を使用してコストを見積もることを検討する場合があります。一部の会計専門家は、会計変数が明確に定義されていないか、簡単に測定できないため、線形モデルは会計での使用にはまったく適切ではないとさえ主張しています。