トランスフォーメーショナルリーダーシップのステップ

変化に適応する能力は、企業が存続するか、繁栄するか、廃業するかを決定することができます。多くの組織は、変更を無視するか、慎重で段階的なプロセスを採用することによって、変更の問題に取り組んでいます。トランスフォーメーショナルリーダーシップは、変化をマスターするという目標を達成するために、企業文化と個々の従業員の考え方の両方における抜本的な変化を受け入れます。

模範を示す

トランスフォーメーショナルリーダーシップは、従来の管理理論よりも幅広く、要求が厳しいものです。トランスフォーメーショナルリーダーシップに取り組むマネージャーは、「4つのI」として知られる4つの資質、つまり理想的な影響力、インスピレーションを与える動機付け、知的刺激、個人的な配慮を実証しようとします。トランスフォーメーショナルリーダーになるための最初のステップは、監督する人々に理想的な影響力を与えるよう努めることです。これは、従業員があなたを模倣するように促されるように奨励したい考え方と行動の良い例になることを意味します。

インスピレーションによって動機付け

変革のリーダーになるための第2のステップは、インスピレーションを与える動機付けです。モチベーションは主観的で非常に個人的なものであるため、従業員を個別に知り、それぞれの動機を理解しない限り、従業員に真のインスピレーションを与えることはできません。ある従業員は、ボーナスを獲得する見込み、昇進のチャンス、賞賛、挑戦を克服することによって動機付けられる可能性があります。従業員の動機がわかれば、思っていた以上のことをやる気にさせることができます。

知性に挑戦する

3番目のステップは、従業員を知的に刺激することです。知的刺激は無関心の反対であるため、従業員に新しい方法で考えさせるには、定着した習慣や皮肉さえも克服する必要があるかもしれません。従業員に、新しくより効率的なプロセスを見つけたり、新製品やプロモーションを提案したり、会社が新しい開発に遅れをとっている領域を特定したりするように促します。変化に適応するプロセスを知的課題として扱い、それを受け入れたことに対して従業員に報酬を与えます。

従業員を助け、会社を助けます

4番目のステップは、各従業員に個別の配慮を与えることにより、従業員の成功と達成をあなたの個人的な使命にすることです。これは、従業員の個人的な成功と会社の使命を一致させる方法を見つけることを意味します。これにより、従業員が職場で行うすべての行動は、組織と個々の従業員の両方に等しく有益になります。模範を示し、各従業員の独自のモチベーションを見つけ、変化を知的課題として受け入れるように促し、会社を支援しながら自分自身を助ける方法を見つけることができれば、変革のリーダーになることができます。