完全子会社の税制上の優遇措置

完全子会社は親会社が設立した別会社ですが、親会社が子会社の株式を100%所有しています。会社が完全所有子会社として別の会社を購入または作成する場合、いくつかの税制上のメリットがあります。親会社は、その納税義務を大幅に削減し、子会社の設立なしでは利用できなかった控除を利用することができます。

株式購入

ある会社が別の会社の株式を購入する場合、管理会社は、内国歳入法のセクション338に従って、その購入を資産取得として扱うことを選択できます。支配会社は、資産購入として購入を請求するために、議決権の80%を有する対象会社の株式の少なくとも80%を購入する必要があります。親会社が他社の株式をすべて購入して完全子会社を取得した場合、その購入は税務上の適格株式購入とみなされます。購入を株式取得ではなく資産取得として扱うことにより、支配企業は購入の課税基準を資産の公正市場価値と等しくなるように引き上げることができます。資産の購入は、より高い課税基準として扱われます。これにより、減価償却費の控除額が増える可能性があります。

免税組織

非営利組織は、非課税組織としてのステータスを保護するために、営利目的の完全所有子会社を作成できます。非課税の組織は、組織によって実行される活動が組織の慈善目的を促進する限り、純利益に対する連邦税の支払いから保護されます。完全子会社は、非課税会社の間接的な管理下で運営され、非課税組織の使命とは関係のない活動を行うことができます。子会社は連邦所得税の対象となりますが、親会社は非課税のステータスを維持します。

統合ファイリング

連結納税申告書は、完全子会社を含む関連企業グループによって提出される場合があります。支配法人である親会社は、子会社の株式の80%以上を所有し、連結納税申告書を提出するための要件として議決権の80%を所有している必要があります。完全子会社の親会社は子会社のすべての株式を所有しているため、親会社と子会社はその損益を1つの連結納税申告書に含めることができます。親会社と子会社の損益は、連結納税申告書を提出する際に単一のエンティティとして結合される場合があります。親会社が完全子会社を設立する場合、親会社は完全子会社のすべての株式を管理します。完全子会社が被った損失は、親会社の利益で相殺することができ、その結果、納税義務が軽減されます。

複数の子会社

会社は、いくつかの異なる完全所有子会社を別個のエンティティとして形成する場合があります。完全所有子会社は、さまざまな製品ラインまたはさまざまな業界の他の種類の事業の運営を実行するために使用される場合があります。異なる完全所有子会社に連結納税申告書を提出することにより、1つの子会社の利益が親会社の他の子会社の損失を相殺することができます。