21世紀の従業員トレーニング

21世紀の労働力を構築するには、情報技術のニーズに対応するトレーニングを開発する必要があります。マイクロソフトは、2014年までに、米国での仕事の4分の3以上に、ある程度のコンピュータースキルが必要になると予測しています。トレーニングプログラムの作成と維持には、教育プログラムの評価、設計、開発、実装、および監視が含まれます。学生の期待に応えるために、トレーニングコースはインタラクティブでパーソナライズされている必要があります。21世紀の従業員トレーニングでは、Webベースの会議ソフトウェアやWebベースのトレーニングの遠隔学習の代替手段、およびモバイルデバイスに展開された学習ソリューションがますます使用されています。

特徴

21世紀の労働力をサポートする効果的なトレーニングプログラムは、引き続き従来の教室を使用しますが、学習と能力開発へのよりパーソナライズされたアプローチに焦点を合わせています。インストラクターは、繰り返しの退屈な講義を避け、オーディオ、ビデオ、シミュレーションなどのマルチメディア要素を組み込んで、エクスペリエンスを向上させようとします。実践的な経験は、学習と開発に貢献します。ライブディスカッションや、ウィキ、ブログ、フォーラムなどのソーシャルメディアテクノロジーの使用を含む参加により、学生は互いにつながりを持つことができます。ロールプレイング演習は、参加者が聞き取り、交渉、反対意見の克服などの専門的なスキルを身に付けることを学ぶのに役立ちます。

利点

職場でのスキルトレーニングの作成に投資することで、従業員は知識を習得し、職場でより高いレベルでパフォーマンスを発揮できます。仕事の満足度は、従業員の定着率の向上につながり、新入社員の採用やトレーニング活動の必要性を減らします。登録、計画、アクセス、および評価を処理するためのトレーニング開発および学習管理システムへの投資は、テクノロジーを利用してトレーニングをすべての人が利用できるようにします。労働者が適切で最新の指導を受けることを保証することは、高品質の製品とサービスを生み出す競争力のある労働力を維持するのに役立ちます。

タイプ

21世紀の従業員トレーニングの種類には、企業のトレーニングセンター、教育機関、コミュニティセンターで提供されるクラスルームトレーニングが含まれます。学習者に焦点を当てた他のトレーニングプログラムには、オーディオポッドキャスト、ビデオWebキャスト、シミュレーションやデモンストレーションなどのWebベースのトレーニングなどのセルフペースオプションが含まれます。認定プログラムの評価とテストは、通常、オンラインでも行われます。21世紀の労働力のための自習型学習の機会は、忙しい専門家に柔軟なスケジュールの選択肢を提供します。

個別学習

技術の進歩により、特定のニーズに合わせて学習をパーソナライズおよびカスタマイズすることが可能になります。マネージャーと従業員は協力して、キャリアの成長を促進するための開発計画を定義し、現在のトレーニング活動と人材育成プログラムを補完する機会を探します。パフォーマンススキルのギャップは、新しいトレーニングプロジェクトの開発努力を引き起こし、企業の戦略的目標に合わせる必要があります。効果的な計画により、すべての従業員が特定の職業上のタスクで成功するために必要なスキルと知識を確実に習得できます。

エキスパートインサイト

トレーニング後にビジネスへの影響を測定することで、投資収益率が決まります。 21世紀のトレーニングプログラムでは、予算が限られている傾向があるため、企業のリソースが費用効果的に使用されるようにする必要があります。一連のコースを義務付けるのではなく、トレーニング予算を特定の結果に結び付けることで、より測定可能な結果が得られます。その後、パフォーマンスが向上すると、トレーニングのプラスの影響を明確に示すことができます。