XPでスタートアップスクリプトを削除する方法

Windows XPは、ソフトウェアの観点からはほとんど「古代」と見なすことができますが、その安定性と使いやすさから、多くの中小企業や組織は依然としてこのオペレーティングシステムを使用しています。ただし、時間の経過とともに、さまざまなソフトウェアの追加やアップグレードが原因で、ビジネスコンピューターへのXPのインストールが遅くなる可能性があります。XPシステムを高速化する1つの方法は、不要な起動スクリプトを削除することです。これは、WindowsXPにネイティブな「MSConfig」ツールを使用して簡単に実行できます。

1

管理者権限を持つアカウントでWindowsXPマシンにログインします。

2

「スタート」をクリックし、メニューから「実行」を選択します。

3

[ファイル名を指定して実行]ボックスに「msconfig.exe」と入力し、[OK]をクリックします。

4

「スタートアップ」タブをクリックします。

5

リストを下にスクロールし、チェックボックスをクリックして、起動手順から削除するスクリプトの選択を解除します。画面の下部にある[すべて無効にする]ボタンをクリックして、すべてのスクリプトを一度に無効にします。

6

「OK」をクリックして変更を保存します。

7

WindowsXPマシンを再起動します。