就業時間中の休憩と食事に関する連邦政府の要件

連邦規則では、雇用主が従業員に休憩や食事を提供することを義務付けていません。ただし、雇用主が休憩と食事の時間を許可している場合、連邦の要件により、それらの支払い方法が義務付けられています。公正労働基準法などの連邦労働法は、休憩時間、食事時間、待機時間、およびオンコール時間を構成するものを区別しています。これらの違いにより、従業員が勤務時間の報酬を受け取る方法が決まります。

休憩時間

休憩時間は短期間の休憩であり、一般的に従業員の効率を促進します。米国労働省によると、休憩時間は通常5〜20分です。雇用主が休憩期間を提供する場合、従業員はその時間の補償を受ける必要があります。許可されていない休憩期間または割り当てられた時間を超えた延長された休憩は、雇用主によって補償される必要はありません。たとえば、従業員が予定された15分間の休憩を取ったが、30分間休憩から戻らなかった場合、雇用主は15分間の延長に対する労働者の給与を減らすことができます。

食事期間

食事時間は通常30分以上です。労働省によると、雇用主は30分以上の食事期間について従業員に補償する必要はありません。ただし、この間、従業員は完全に職務から解放されなければなりません。また、連邦規制により、雇用主は、指定された食事期間中に職務を遂行した場合、従業員に補償することが義務付けられています。たとえば、従業員が食事の時間を開始したが、すぐに注意を払う必要がある顧客から緊急の電話を受けた場合、これは労働時間と見なされ、雇用主はその時間の支払いをしなければなりません。

雇用状況

公正労働基準法に基づく休憩および食事の規制は、通常、免除されていない従業員に適用されます。免除されていない従業員は時給を受け取り、残業代を支払う権利があります。免除された従業員には特定の職種があり、通常は給与を受け取ります。公正な労働基準は通常、免除された労働者には適用されません。ただし、これらの従業員は、雇用主が義務付けた休憩と食事のスケジュールを順守する必要があります。

追加要件

雇用主は、授乳中の母親だけでなく、障害者の休憩や宿泊に関する連邦規制を遵守する必要があります。障害を持つアメリカ人法のような雇用機会均等法は、雇用者が障害のある労働者に合理的配慮を提供することを義務付けています。宿泊施設には、変更された作業割り当て、作業スペースの物理的な変更、場合によってはより長い休憩期間が含まれます。授乳中の母親は、母乳を搾り出すための休憩時間の宿泊施設も受け取ります。公正労働基準法は、雇用主が授乳中の母親に、子供のために母乳を搾り出すためにバスルームから離れたプライベートな場所を提供することを義務付けています。この法律はまた、授乳中の母親が母乳を搾り出すために必要なだけ休憩することを認めています。