プライベートパーティと有料イベントの責任の違い

従業員向けのプライベートパーティーを主催したり、会社を宣伝するために有料のイベントを主催したりすると、問題が発生した場合に責任を負う可能性があります。怪我からセクハラ、火事まで、あなたとあなたのビジネスは損害賠償の危機に瀕している可能性があります。プライベートパーティーと有料イベントの主な違いは、後者の方が責任が大きくなる可能性があることです。あなたが主催するすべての当事者とあなたが適切な賠償責任保険に加入していることを確認してください。

プライベートパーティー

オフィススペースが狭い場合は、自宅でオフィスホリデーパーティーを開催することをお勧めします。あなたがアルコールを提供する場合、あなたは社会的ホスト責任として知られているものを持っています。ゲストの1人がパーティーでアルコールを飲みすぎて、帰宅途中に誰かを傷つけた場合、ゲストの行動に責任を負う可能性があります。社会的ホストの責任は州によって異なり、特定の法律ではなく判例法に基づいていることがよくあります。一部の州では、未成年者にアルコールを提供した場合、刑事訴追に直面する可能性もあります。

職場の拡張

アルコールを提供しない場合でも、ゲストに安全な環境を提供する責任があります。これには、セクシャルハラスメント、差別、その他の違法な出来事のない環境が含まれる場合があります。従業員がパーティーに出席することが合理的に期待される場合、または出席が必須であると提案または暗示する場合、パーティーは職場の延長と見なされる可能性があります。セクシャルハラスメント、差別、または敵対的な職場環境の構築を構成するパーティーでの事件に対して責任を負う場合があります。従業員がパーティーで負傷した場合、彼は労働者災害補償給付の対象となる可能性があります。

有料イベント

あなたが有料のイベントを主催するとき、あなたの責任は潜在的にさらに大きくなります。酒類の賠償責任およびゲストの負傷に加えて、施設の損害、レンタル機器の損害、またはイベントでのベンダーによる損害の責任を負う場合があります。自分の手に負えない事情でキャンセルしなければならない場合、チケット販売で集めたお金に対して責任を負う場合があります。イベントの広告が他社の商標を侵害している場合、あなたは責任を問われる可能性さえあります。

損害賠償保険

最も安全なオプションは、パーティーやイベントを主催しないことです。次善の策は、賠償請求に対してあなたを保証する特別な賠償責任保険を購入することです。あなたがあなたの家でパーティーを開くならば、あなたの住宅所有者の保険はいくらかの責任保護を提供するかもしれません。賃貸施設でイベントを主催する場合、その施設では、特別なイベント賠償責任保険を購入し、その保険の被保険者として施設に名前を付ける必要があります。知識豊富な保険ブローカーは、次のパーティーやイベントで問題が発生した場合に、あなたとあなたのビジネスを保護するために必要な補償範囲を決定するのに役立ちます。

購入範囲

会社の資産とあなたの個人資産を保護するために、あなたが主催するプライベートパーティーや有料イベントのために追加の賠償責任保険を購入する必要があります。自宅でイベントを主催する場合は、住宅所有者のポリシーを確認して、補償範囲の除外と制限を特定してください。あなたの州の法律に精通している知識豊富な保険ブローカーは、適切なビジネスまたは個人的なポリシーを推奨することができます。ほとんどの場合、主催する有料イベントの特別なイベント賠償責任保険を購入し、その保険に被保険者として施設を指定する必要があります。