CorelDRAWでシャープにする方法

直感に反するように聞こえますが、「アンシャープマスク」を使用して画像をシャープにします。「シャープニング」とは、隣接するピクセルの色間のコントラストのレベルを上げることを意味します。アンシャープマスクを使用する場合、スライダーを調整して、量のパーセンテージ、半径、しきい値など、シャープのレベルを変更できます。量はシャープの量を決定し、値が高いほど効果が強くなります。半径は、選択した領域の周囲のエッジがどれだけ広くシャープになるかを決定します。しきい値は、シャープにする隣接ピクセル間のカラー値を決定します。

1

[ツール]メニューから、楕円などの選択ツールをクリックします。画像をクリックしてドラッグし、シャープにする領域を選択します。画像全体にシャープツールを適用する場合は、領域を選択しないでください。

2

メニューの[効果](古いバージョンのCorelDRAWでは[フィルター])、[シャープ]、[アンシャープマスク]の順にクリックして、このフィルターを選択します。これにより、[アンシャープマスク]ダイアログボックスが開きます。

3

[量]、[半径]、[しきい値]のスライダーをクリックしてドラッグし、画像に適用されるシャープネスのレベルを変更します。「OK」をクリックして変更を適用します。