損益計算書に表示される前に、利益と損失を認識する必要がありますか?

会計士は、売却または市場間取引の一部として損益を記録します。投資家は会社の資産の価値を見ることができなければなりません。これは、利益と損失に関する情報が企業の財務諸表で利用可能になっている場合にのみ可能です。

実現した利益と損失

実現利益または損失は、会社がその簿価よりも多いまたは少ない価格で資産を売却したときに発生します。簿価は、資産の購入価格から減価償却累計額を差し引いたものです。

資産の処分

企業が資産を処分するとき、現金の受領を示すためにエントリを記録します。次に、会計士は、資産の貸借対照表の値と関連する減価償却の残高をゼロにするために、相殺エントリを記録します。最後に、会計士は、会社が資産売却で正味簿価(簿価から減価償却累計額を差し引いたもの)より多いか少ないかに応じて、資産の売却による利益または損失のいずれかを記録します。この利益または損失は、会社の損益計算書に表示されます。

未実現の利益と損失

未実現利益または損失は、市場活動に応じて変動する価値を持つ会社の資産に関係します。たとえば、ある会社が他の会社の株式に投資したり、他の国と取引することで外国為替レートにさらされたりする可能性があります。在庫の価値は、市場や経済の変化に基づいて変動することもあります。

考慮事項

一般に認められている会計原則では、企業は、未実現損益の公正市場価値を反映するように財務諸表を調整する必要があります。これは、投資家が会社の資産の全体的な価値をよりよく理解するのに役立ちます。企業はこれらの資産の所有権を保持していますが、定期的に市場価値を評価し、市場とコストの差を未実現利益または損失として記録する必要があります。会計士は、これらのエントリの両方を「その他の包括利益」というタイトルの勘定の損益計算書に記録します。