無形資産は貸借対照表上で毎年持ち越されますか?

無形資産は、中小企業に1年以上利益をもたらすが、物理的に存在しないリソースです。無形資産の例には、特許やフランチャイズ権が含まれます。会社は、貸借対照表の資産セクションに、すべてではありませんが一部の無形資産を報告します。これらの資産は毎年貸借対照表に残りますが、繰り越される金額は無形資産の種類によって異なります。

無形資産の記録

企業が貸借対照表に報告する無形資産は、他の事業体から取得したものだけです。これらの無形資産を購入価格で報告します。企業は、内部で開発された無形資産を貸借対照表に報告しません。たとえば、中小企業が数年にわたって顧客基盤を構築した場合、この無形資産はバランスシートから外れたままになります。顧客リストを5,000ドルで購入した場合、貸借対照表に5,000ドルの無形資産として報告します。

償却

無形資産の寿命が正確に識別できる場合(特許やサービス契約など)、企業は償却を通じてその使用を会計処理します。このプロセスにより、貸借対照表上の無形資産の価値がその耐用年数の毎年均等に減額され、各金額が損益計算書の償却費勘定に振り替えられます。この年間償却費は、無形資産の初期費用から耐用年数の終了時の期待値を差し引いたものを、予想耐用年数の年数で割ったものに等しくなります。

償却例

あなたの中小企業が別の会社から30,000ドルで特許を購入し、その特許は15年で失効し、価値がなくなると仮定します。あなたがそれを買うとき、あなたは貸借対照表に$ 30,000の無形資産を記録するでしょう。毎年、貸借対照表で特許の価値を2,000ドル減らし、30,000ドルを15で割って、2,000ドルを損益計算書の費用として記録します。翌年の貸借対照表に引き継がれる特許の価値は、前年よりも2,000ドル少なくなります。

無期限無形資産

一部の無形資産には識別可能な寿命がなく、無期限に更新可能なライセンス契約など、終わりのない利益を提供することが期待されています。この種の無形資産は償却されません。その価値は毎年貸借対照表上で変化しませんが、企業はその市場価値が下落したかどうかを確認するために少なくとも年に一度それを評価する必要があります。ある場合、ビジネスは残高の価値を新しい市場価値に減らします。

無期限無形資産の評価減の例

あなたの中小企業が失効しないフランチャイズ権に対して$ 250,000を支払うと仮定します。翌年、現在市場で販売されている同様のフランチャイズに基づいて、権利の価値がわずか200,000ドルであると判断したとします。無形資産の価値を貸借対照表の$ 200,000に書き留めるか、減額し、$ 50,000の差額を損益計算書の減損として報告します。現在、次の各年の貸借対照表に繰り越されるのはわずか200,000ドルです。