民間企業における倫理的慣行に関する政府のガイドライン

民間企業は、起業家、パートナーシップ、または少数の投資家によって個人的に所有されている中小企業です。民間企業は公開企業ほど透明である必要はありませんが、消費者、従業員、投資家を保護するために、ほとんどの政府のガイドラインは企業の規模に関係なく同じです。業界における倫理的なビジネス慣行に関する連邦ガイドラインを知ることは、訴訟、罰金、および懲役の可能性を防ぐのに役立ちます。

労働安全規則

米国政府と多くの州は、民間従業員の安全、賃金、福祉を確保するために、過去1世紀にわたって連邦法と州法を制定してきました。これらの労働法は、ハラスメント、差別、不当な賃金、過度の労働時間、詐欺、詐欺などの非倫理的な扱いから従業員を保護します。米国労働省は、初めての雇用者がFirstStep Employment Law Advisorに相談して、どの連邦および州の労働法が彼らの事業に適用されるかを決定することを推奨しています。たとえば、労働安全衛生局は、特定の業界の雇用者に、労働安全衛生法にある追加の安全ガイドラインに従うように要求する場合があります。その他の主要な労働法には、公正労働基準法が含まれます。これは、雇用主が全国最低賃金を超える、または最低賃金で賃金を支払うことを義務付けています。1964年の公民権法は、人種、肌の色、宗教、性別、出身国に基づく職場での差別を禁止しています。

環境および健康法

利益を追求する民間企業は、従業員、顧客、および地域の環境を潜在的な健康被害から保護するための倫理的で、多くの場合合法的な責任を負っています。労働安全衛生法は、雇用主が病気や身体的危害を引き起こさない安全な職場環境を提供することを義務付けています。米国農務省の食品安全検査サービスや食品医薬品局などの検査機関は、米国の家庭が安全で栄養価の高い製品を消費していることを確認するために、生産施設、レストラン、食品を検査することで消費者を保護しています。環境保護庁による法律と規制は、火災、物的損害、有毒な環境、病気、変形、さらには死を引き起こす可能性のある汚染物質の非倫理的な投棄から地域住民と野生生物を保護しています。

マーケティングとプライバシーのガイドライン

政府はまた、虚偽の広告や個人データの誤用などの非倫理的なマーケティングやプライバシー慣行から消費者を保護するためのガイドラインを持っています。潜在的な顧客にマーケティングするとき、企業が主張を誇張したり、聴衆を誤解させたりしないことが重要です。連邦取引委員会は、米国のマーケティング法を監督および規制しています。この機関は、企業が消費者のプライバシーを尊重し、広告と製品のラベル付けに誠実であり、業界のガイドラインに従い、電子メールや電話によるスパムマーケティングを控えることを保証します。また、財務データ、法務データ、顧客データなどの個人文書を安全に保管または廃棄するためにも機能します。データの使用について顧客に警告することは必須ではありませんが、FTCは、顧客のデータの使用と保管に関する誤解を招く主張を禁止しています。

開示法

ほとんどの倫理的なビジネスガイドラインとは異なり、公開と透明性に関する政府の要件は、民間企業にとって明らかに独特です。証券取引委員会は、投資家を保護し、市場アナリストにデータを提供するために、公開会社に財務および運用レポートを一般に公開することを要求しています。民間企業は通常、財務情報や運用情報を公開する必要はありません。この規則の例外は、民間企業が株主を引き受け始める場合です。これが発生した場合、SECは、大規模な公開企業の場合と同様に、開示法の実施を要求します。