異なる氏名で販売する方法

あなたがビジネスを所有している場合、あなたが別の名前で製品やサービスを販売したい場合があるかもしれません。たとえば、さまざまな種類のビジネスの統括会社として機能するLLCがあるとします。犬の散歩サービスと古着の両方を販売している場合は、両方を同じ商号で販売したくないでしょう。ここで、「DoingBusinessAs」という名前(DBA)が登場します。

としてビジネスを行う

架空の名前とも呼ばれるDBAは、ビジネスを運営する独自の名前以外の名前です。ほとんどの州および郡では、必要な数のDBA名を付けることができます。これにより、事業を展開することにした場合に元の商号ですべてを販売することに固執するのではなく、販売している製品またはサービスに適切な名前またはブランドを一致させることができます。

個人事業主およびパートナーシップ

自分以外の名前で事業を行っている個人事業主およびパートナーは、その名前のDBAを提出する必要があります。また、ビジネスを行う追加の名前については、個別のDBAを提出する必要があります。花と焼き菓子の両方を異なる名前で販売する場合は、実店舗でもオンラインショップでも、「ナンシーズフラワーショップ」と「ナンシーズパイショップ」の両方に別々のDBAを提出する必要があります。

企業とLLC

企業およびLLCは、当初法人化された事業名以外に使用する予定の事業名についてDBAを提出する必要があります。このようにして、企業体は複数のビジネスベンチャーの傘として機能することができます。たとえば、「John Doe Enterprises、LLC」は、「John Doe Entertainment」、「JD Media Productions」、「DoePhotography」がすべてサービスを販売する主要なエンティティになります。ただし、使用する追加の商号ごとにDBA名を提出する必要があります。

DBAの登録

州が異なれば、DBAファイリングのルールとプロセスも異なります。一部の州では、州レベルでのみ行う必要があります。しかし、ほとんどの州では、郡レベルでも行う必要があります。いくつかの州では、DBAの提出をまったく必要としません。中小企業庁は、州ごとのDBAファイリング情報を含むグラフを管理しており、自宅の州の規則を確認することができます。たとえばテキサス州では、推定名証明書を州務長官と郡書記官の事務所の両方に提出する必要があります。一部の州や郡では、DBAを提出するだけでなく、地元の新聞や雑誌に発表を掲載して公式にする必要があります。