ISO不適合手順

ISOとしても知られる国際標準化機構は、世界で最も優れた産業標準化機構です。頭字語ISOは組織の名前とは相関していませんが、頭字語には意味があります。ISOは、「等しい」を意味するギリシャ語の「isos」の短縮版です。ISO規格は、製品が一定レベルの品質に従って製造されることを保証します。このレベルの品質を満たさないアイテムは、不適合と呼ばれます。不適合製品は、市場に出回らないようにメーカーが対処する必要があります。

識別

不適合製品は、その製品が市場に参入するのを防ぐために、できるだけ早く特定する必要があります。品質保証プログラムは、不適合製品を特定するための鍵です。不適合製品を特定したら、ISO管理文書に従って不適合を文書化する必要があります。不適合が特定されたら、会社はその品目に関してどのような行動を取るかを決定する必要があります。

リワーク

不適合製品に関して製造業者が利用できる1つのオプションは、アイテムを作り直すことです。このオプションは、アイテムを修理してISO規格に準拠させることができる場合にのみ使用できます。アイテムをサプライチェーンに戻す前に、この処分を文書化する必要があります。

リグレード

修理できない不適合品は管理する必要があります。ただし、ある目的で不適合であるからといって、別の目的で使用できないわけではありません。グレードアップとは、新しい用途カテゴリの品質基準を満たしている限り、アイテムを元の用途とは異なる用途に転用することを指します。この処理を使用する場合は、適切なドキュメントが必要です。

スクラップ

再加工も再グレードもできない不適合品は、基本的に製造目的で使用できません。これらのアイテムは、サプライチェーンに持ち込まれないように廃棄する必要があります。アイテムを廃棄するために、必ずしもゴミ箱に捨てる必要はありません。一部の金属や紙など、一部のアイテムはリサイクルできます。会社は、リサイクル収益から不適合製品の製造コストのごく一部を回収することができます。この処分が使用される場合、会社はそれに応じてそれを文書化する必要があります。

戻る

サプライヤーから受け取った不適合部品は、適合部品から分離してサプライヤーに返送する必要があります。このプロセスにより、不適合アイテムがサプライチェーンに入らないようにし、会社がそのアイテムの請求書で買掛金のクレジットを受け取ることができるようにします。不適合な製品をベンダーに返品する場合は、正しく適切なドキュメントを使用する必要があります。

アイテムを現状のまま使用する

不適合がごくわずかな品目は、サプライチェーンへの導入が許可される場合があります。そのようなアイテムは、完成品の形や機能に悪影響を与えてはなりません。この処分もISO規則に従って文書化する必要があります。