SSLを開始する方法

Secure Sockets Layer(SSL)は、インターネット上を移動する情報を非公開に保つために、多くの一般的なWebサイトで使用されるデータ暗号化の形式です。コンピューターがこれらのサイトと対話できるようにするには、各ワークステーションでSSLを有効にします。Apple Safariは自動的にSSLを有効にしますが、Microsoft Internet Explorer、Mozilla Firefox、および初期バージョンのGoogleChromeで手動で開始する必要がある場合があります。

Microsoft Internet Explorer

1

InternetExplorerを起動します。

2

[ツール]、[インターネットオプション]の順にクリックします。

3

[詳細設定]タブを選択し、一番下までスクロールします。

4

[SSL2.0を使用する]と[SSL3.0を使用する]の横のチェックボックスをオンにします。

5

「OK」をクリックして設定を保存します。

Mozilla Firefox

1

Firefoxを起動します。

2

[ツール]、[オプション]の順にクリックします。

3

[詳細設定]タブをクリックしてから、[暗号化]をクリックします。

4

[SSL3.0を使用する]の横のチェックボックスをオンにします。

5

「OK」をクリックして設定を保存します。

グーグルクローム

1

Chromeを起動します。

2

レンチアイコンをクリックしてから、[オプション]をクリックします。

3

[内部]タブをクリックし、[セキュリティ]セクションまでスクロールします。

4

[SSL2.0を使用する]の横のチェックボックスをオンにします。