ルーター設定の構成方法

箱から出してすぐに、新しいルーターでできることは、ビジネス用のセキュリティで保護されていないワイヤレスネットワークを作成し、数台のコンピューターをイーサネット経由で接続できるようにすることだけです。接続を保護したり、ネットワークプロパティを設定したりする場合は、デバイスのソフトウェアコントロールパネルにログインして設定を構成する必要があります。これには、WebブラウザからルーターのIPアドレスをロードし、デバイスのデフォルトの認証資格情報を入力し、デバイスのソフトウェアインターフェイスを使用してこれらの設定を構成することが含まれます。

1

イーサネットコードを介してラップトップをルーターに接続します。

2

スタートメニューからInternetExplorerを起動し、ルーターのIPアドレスをアドレスバーに入力します。ルーターは通常、IPアドレスとして「192.168.1.1」を持っています。これが機能しない場合は、ルーターのドキュメントまたはデバイス自体のステッカーを参照してください。

3

認証ダイアログボックスにルーターのデフォルトのユーザー名とパスワードを入力します。これらの資格情報は、ルーターのドキュメントに記載されています。

4

ソフトウェアインターフェイスを介してルーターの設定を構成します。ほとんどの構成インターフェイスには、ページ上部のタブまたはサイドバーに沿った幅広い設定カテゴリがあります。これらのカテゴリには、特定のポートでの要求をローカルネットワーク上の特定のIPアドレスに転送するためのワイヤレスネットワークの名前とパスワード、およびテーブルの設定など、いくつかのオプションがあります。ポリシーを設定して、ルーターが特定のWebサイトにアクセスするのを制限することもできます。