フードイベントのリスク管理計画を作成する方法

食品の安全性は、イベントの計画において最も重要な考慮事項の1つです。食品イベントの明確に定義されたリスク管理計画では、温度管理、食中毒、機器、および輸送を考慮する必要があります。これらの考慮事項は、イベントの前および全体を通じて安全プロトコルに準拠していることを確認するのに役立ちます。

温度制御

調理済みの潜在的に危険な食品の温度を管理することは、食品イベントのリスク管理計画を作成する際の主要な考慮事項です。イベントが屋外で開催される場合、天候は温度管理に影響します。一部の食品および飲料は、安全な冷蔵のために40度未満の温度で保管および陳列する必要がありますが、一部のパッケージ食品は室温で提供できます。州および地方の管轄区域における食品イベントおよび食品事業のコード要件を調査します。それでも質問がある場合は、地元または市の保健部門に相談してください。ビジネスオーナーとして、あなたのイベントに適用されるルールを知ることはあなたの責任です。

その他の考慮事項

フードイベントのリスク管理計画には、フードサービスの他の側面を含める必要があります。交通計画、イベントを収容する施設の種類、現場で利用できる設備、施設とその設備の清潔さと信頼性、食器洗いと手洗いの能力、および対象となる聴衆の範囲と規模を詳しく説明する必要があります。イベント前の調査とクライアントとのミーティングは、この情報を収集するための重要な場所です。あなたのビジネスとあなたが提供している食品の種類に特有の考慮事項はあなたのリスク管理計画に文書化されるべきです。

ドキュメンテーション

セットアップとトラブルシューティングに十分な時間をかけてイベントに到着します。リスク管理計画から導き出された印刷または手書きの設定と安全チェックリストは、食事が提供される大きなイベントに至るまでのしばしば混沌とした期間を処理するのに役立ちます。リスク管理計画にハザードサマリーシートを含めて、イベントに持ち込むことをお勧めします。このシートには、イベント中に発生する可能性のある危険が記載されています。それはそれらの危険の潜在的な引き金とそれぞれを軽減する計画をリストするべきです。ハザードサマリーシートは、さまざまな場所にいるスタッフで複数の要素を管理している大規模なイベントに特に役立ちます。

安全認証

リスクを最小限に抑えるための重要な方法の1つは、イベントで雇用するすべてのスタッフが食品安全プロトコルのトレーニングを受けていることを確認することです。 ServSafe National Restaurant Associationなどの組織は、直接またはオンラインで完了することができる短いコースで、簡単で役立つトレーニングを提供しています。参加者は、数年間有効な認定を取得します。ほとんどの州では、食品事業者がすべての従業員に食品安全認証を維持することを義務付けていませんが、トレーニングは常に奨励されています。