RFIDビデオを使用した在庫の追跡

RFIDは無線周波数識別の略です。これは、企業が電波を介して在庫を追跡する方法を表す一般的な用語です。将来的には、企業はオンサイトのリンクとビデオを通じて製品、在庫、および無数の情報を追跡できるようになることを望んでいます。公開時点では、ビデオ出力は主にカウントデバイスとデータが登録されているコンピュータ端末にあります。それでも、RFIDテクノロジーには、標準のバーコードやスキャナーに比べて多くの利点があります。

RFIDテクノロジーとタグ

RFIDは1970年代初頭から存在しています。小売業者、消費財メーカー、製薬会社、倉庫業など、多くの企業がこのテクノロジーを使用しています。マイクロチップを含むデバイスタグは、特定の企業のニーズに応じて、製品、倉庫のパレット、棚、カート、およびコンテナに埋め込まれます。「RFIDジャーナル」によると、マイクロチップにはすべての製品に固有のシリアル番号が含まれており、最大2キロバイトの情報を保存できます。バーコードとは異なり、RFIDテクノロジーを使用している企業は、アパレルなどの製品をリアルタイムで追跡できます。したがって、企業は、製品がいつ出荷されたか、販売された数、棚に残っている数、それらの色、およびいずれかの時点で不足している製品があるかどうかを知っています。

追跡

在庫を追跡するには、リーダーとトランスポンダーの2つのRFIDビデオコンポーネントが必要です。リーダーは、棚、パレット、またはその他の保管場所にある商品や在庫をスキャンするハンドヘルドデバイスです。製品をスキャンする作業者は、リーダー上部の小さな画面で取得されているデータを読み取ることができます。これらのハンドヘルドデバイスは、小規模企業が低無線周波数と高無線周波数のどちらを使用しているかに応じて、最大3メートル離れた場所でタグを読み取ることができます。情報は、超無線周波数を介して距離から取得できます。次に、データは、すべての在庫を追跡するために必要なコンピューターとソフトウェアのインフラストラクチャを含むトランスポンダーを介して処理されます。

長所と短所

RFID在庫追跡を使用することにより、中小企業の従業員は商品をはるかに迅速に数えることができます。RFIDリーダーは、商品を数えるためにタグの上に直接配置する必要はありません。また、材料、オブジェクト、カートンを介してデータをスキャンできます。また、RFIDテクノロジーは、スキャナーやバーコードシステムよりも正確であるため、ビジネスオーナーは不足している製品をより迅速に見つけることができます。さらに、RFIDビデオ技術は非常に効率的であり、中小企業が人件費を削減するのに役立ちます。

考慮事項

RFID在庫追跡にはいくつかの制限と問題があります。多くの企業は、他の企業が読み取ることができない独自のシステムを使用しています。たとえば、小規模な製造業者は、小規模な小売顧客のほとんどが使用していないRFIDソフトウェアを使用する場合があります。したがって、在庫追跡は、製造業者、卸売業者、小売業者、消費者などのサプライチェーン全体に統合することはできません。ソフトウェアの違いは、主にさまざまなRFIDメーカーにあります。 RFIDビデオトラッキングのもう1つの問題は、消費者のプライバシーです。企業は、特に小型で検出できないチップを使い始めた場合、購入後に消費者を追跡できるようになる可能性があります。これは、消費者が製品をどのように使用するかを研究している企業にとっては有利かもしれませんが、購入者にとっては本当の悪夢とプライバシーの侵害です。