緊密に統合されたサプライチェーンの利点

中小企業または大企業向けの緊密に統合されたサプライチェーンは、原材料、輸送、製造、流通、倉庫保管、小売サービスを提供する企業と請負業者のネットワークです。企業は、売上と利益の目標を達成しながら、高レベルの顧客サービスを提供するために効率的なサプライチェーンに依存しています。エンタープライズリソースプランニングシステムを含む情報技術は、統合されたサプライチェーンの中核です。

柔軟性

緊密なサプライチェーン統合により、競合他社の行動や顧客の需要の変化などの外部イベントに迅速に対応するための運用上の柔軟性が管理に与えられます。企業はサプライチェーンを通じてインテリジェンスを収集できます。これにより、競合他社が何ヶ月も前に計画していることを一般的に知ることができます。たとえば、競合他社が新製品を発売した場合、電子機器メーカーは統合サプライチェーンを活用して部品を調達し、マーケティングプランをアクティブにして、数週間で設計段階から発売段階までプロトタイプを急ぐことができます。

在庫管理

統合されたサプライチェーンは在庫管理を改善します。つまり、在庫過剰と在庫不足の状態が少なくなります。在庫が多すぎると、保管コストが高くなり、製品が陳腐化する可能性があります。在庫が不足すると、競合他社に顧客を失う可能性があります。緊密な統合により、小売業者は、顧客の需要の予想される変化の数週間または数か月前に在庫注文を迅速に調整して、適切な量の在庫を確保できます。原材料や完成品は長距離輸送されることが多いため、グローバルなサプライチェーンではスピードが不可欠です。緊密に統合されたサプライチェーンは、ジャストインタイム生産も促進します。ジャストインタイム生産では、企業は注文を受けて製品を組み立てて製造します。

利益率

運用の柔軟性と厳格な在庫管理により、コスト構造が低くなり、利益率が高くなります。競争環境と顧客環境の変化に迅速に対応することで、中小企業は競争力を維持し、収益を維持または拡大することができます。緊密な統合により、企業は自社の業務だけでなくサプライヤの業務も可視化できるため、コストの削減と利益率の向上に関するコラボレーションが可能になります。

考慮事項

緊密に統合されたサプライチェーンは、早期警告システムとして機能します。たとえば、サプライヤでキャッシュフローの問題が発生している場合、顧客はすぐにそれを見つけて、別の手配を始めることができます。一部の顧客は、事業を継続できるように、サプライヤーに介入して運転資金を貸し付ける場合があります。サプライチェーンの統合には、通常、人々が新しい情報システムのトレーニングを受けているため、初期費用と運用の中断が伴います。