労働文化を高めるための組織構造

明確な期待と一貫した目標、そしてそれを実現するために必要なサポートを備えた職場は、意欲的で協力的な従業員を育成します。構造は、よく考えられたシステムから混沌とした機能不全のもつれまで、組織間で大きく異なります。後者ではなく前者の創造に努め、その結果、落ち着いた生産性、協力、そして楽しい一日を促進する職場文化が生まれます。

協力

効果的な組織構造は、共通の目標に向かって取り組んでいる協同組合グループのコンテキスト内で個人の自律性の余地を提供します。健全な競争は有益ですが、労働力が共通のビジョンを失うと、それは裏切りや相互不信に変わる可能性があります。チームワークと協力を強調する構造は、従業員がお互いを信頼し、良い仕事をすることを学ぶのに役立ちます。ボーナスや福利厚生の増加を通じて労働力に集合的に報いることは、全員が協力するとき、誰もが恩恵を受けるという明確なメッセージを送ります。

物理的な植物の品質

基本的な必需品が不足している工場、オフィス、小売スペースで働くことほど、従業員の士気をくじくものはほとんどありません。機能的で手入れの行き届いた設備を備えた快適な職場は、労働者に仕事をするための基本的な必需品を提供します。仕事で贅沢を求める人はほとんどいませんが、グリッチのないコンピューター、健康的な空気の質、清潔な設備、期待どおりの機械を期待するのは当然です。健全な施設と有能な保守スタッフへの事業主の投資は、スタッフの満足度と生産性の向上という形で簡単に完済します。

クリアな通信チャネル

優れた主催者は、組織のすべてのレベルと部門間のコミュニケーションの重要性を認識しています。有能なマネージャーは、コミュニケーションが自然に発生するのを待つのではなく、コミュニケーションを促進および促進する構造の開発に積極的に取り組んでいます。キープレーヤー間の定期的な会議、改善のための従業員のアイデアの勧誘、定期的な1対1の会話は、オープンで生産的なコミュニケーションを維持するのに役立ちます。従業員は、自分の意見が真剣に受け止められ、それに基づいて行動していることを確認すると、生産的なフィードバックをより積極的に提供できるようになります。善意だけでは不十分です。効果的なコミュニケーションは、組織の基本的な部分にする必要があります。

効果的な委任

組織のニーズを理解するということは、単独のプロジェクトと共同の事業の違いを理解することを意味します。自分ですべてを行う必要があると感じているリーダーやマネージャーは、組織の力を弱体化させます。大規模な組織の成功には、有能な個人を特定し、重要なタスクを委任するのに十分なほど信頼することが重要です。職場文化は、雇用主から高く評価され、信頼されていることを知っているスタッフから恩恵を受けています。仕事の負担が多くの人に均等に分散されると、仕事はより迅速かつ効率的に行われます。各人は自分の役割と、それが同僚の役割とどのように関連しているかを理解しています。