ノートンのインストール後にXPがハングする

オフィスのコンピューターを保護することは重要です。ノートンのようなセキュリティスイートは、インターネットを介した脅威からコンピュータを安全に保ちますが、オペレーティングシステムに干渉して問題を引き起こす可能性もあります。新しいプログラムをインストールすると、Windows XPが断続的または定期的にクラッシュする場合、いくつかの基本的なトラブルシューティングによってマシンが起動して実行される可能性があります。

他のアンチウイルスソフトウェアとの競合

ウイルス対策およびセキュリティソフトウェアは、本質的に侵入的です。これはオペレーティングシステムの構造に組み込まれ、WindowsXPが起動するとすぐに起動します。2つのセキュリティスイートが起動時にWindowsの注意を争っている場合、XPは起動するとすぐにハングする可能性があります。ノートンをインストールする前に、他社のウイルス対策ソフトウェアをアンインストールし、Windows用に作成された無料のウイルス対策プログラムであるMicrosoft SecurityEssentialsを無効にします。

ノートンの再インストール

起動するたびにWindowsXPがクラッシュする場合、ノートンの再インストールは難しいように聞こえるかもしれませんが、Microsoftは、問題が発生したときに起動できるようにWindowsにバックドアをプログラムしました。コンピュータの電源を切り、数秒待ってから、電源を入れ直し、「F8」を常にタップして、高度なスタートメニューにアクセスします。スタートアッププログラムをロードせず、ノートン(およびその他のウイルス対策ソフトウェア)をアンインストールしないバージョンの「セーフモード」を選択します。

ウイルス

一部のコンピュータウイルスは、それらを識別して破壊するアンチウイルスソフトウェアに抵抗するようにプログラムされています。ウイルスに感染している疑いがある後にノートンをインストールした場合、ウイルスがノートンの動作をブロックしている可能性があり、Windowsがハングします。XPを「ネットワークサポート付きのセーフモード」で起動し、ノートンをアンインストールしてから、お持ちのウイルスに対応した特定のウイルス駆除ツールをダウンロードします(名前がわかっている場合)。ノートンを再インストールする前に、Housecall(「参考文献」のリンクを参照)などの無料のオンラインウイルススキャンを使用して、ウイルスを特定して削除できます。

ノートンのスタートアップ設定

ノートン自体が問題である可能性があり、他のソフトウェアやウイルスとの競合はありません。Norton 2008および2009のユーザーは、プログラムの「早期ロード」機能に問題があると報告しました。この機能は、Windows XPのロード時にアンチウイルスライブラリをロードし、クラッシュを引き起こしました。セーフモードに入り、ノートンをロードしてから、「設定-ノートンアンチウイルスオプション-リアルタイム保護-自動保護」をクリックし、「システム起動時に自動保護をロードする」のチェックを外します。コンピュータを再起動します。

この問題は、ノートンの新しいバージョンで解決されたようです。