苦情を管理するために労働組合が使用するメカニズム

労働組合は、労働者と経営者のコミュニケーションとフィードバックの主要な場として機能します。労働組合の下で活動している従業員によって提起された不満は、労働組合、労働者、経営者の間の強化された協力とコミュニケーションによって処理することができます。これにより、相互の尊重と信頼が促進され、生産性と効率の向上が促進されます。ほとんどの労働組合は、紛争を緩和および解決するのに役立つ、適切に構成された苦情処理メカニズムを備えています。

正式な報告

通常、苦痛を感じている従業員は、組合のスチュワード、役員、または代表者に事件を提示することにより、正式に組合に問題を提出します。組合は、その問題が法定合意に該当するかどうかを助言します。苦情が確認されると、それは文書化され、違反した契約の部分に関して適切な参照が与えられます。事業主として、組合は申し立てられた苦情から2週間以内に会議をスケジュールするようにあなたにアプローチします。これは、関係者全員の利益のために問題を解決または調整する機会です。

対話と関与

利害関係者グループ間の協議は、不満に対処し解決する手段としての対話に焦点を当てるべきです。苦情処理会議では、組合の代表者があなたの前に訴訟を起こします。あなたは、平準化された主張に関して、中立的な立場を受け入れるか、否定するか、交渉することができます。あなたがその主張を否定した場合、組合はあなたの考えを変えることを期待してその立場を明確にし続けるかもしれません。エンゲージメントを受け入れますが、ビジネスと被害者の最大の利益になるものを検討します。

苦情申し立てのエスカレーション

不満の解決が、労働組合と中小企業の間の「私たち対彼ら」の考え方を強化するスコアカードと見なされる場合があります。友好的な合意に達しない場合は、問題をエスカレーションすることができます。上位の組合役員は、その後の会議に参加する可能性が高い。それらの存在は、ケースにより多くの重みを与えることを意味します。

仲裁

合意に達しない場合、問題は仲裁当局に持ち込まれる可能性があります。仲裁人は、議論されている問題に関心のない第三者であり、利害関係者間の一般的な合意の条項を解釈する管轄権と権限を持っている必要があります。関与の規則や規制が明確に概説されている状況では、仲裁が必要になることはめったにありません。しかし、あなたと労働組合の間に乗り越えられない交通渋滞がある場合、それは妥当な時間内に解決に達するための最良の方法かもしれません。